2009年09月26日

ナチス幹部発注のタペストリー、独政府が展示先探す

ナチス幹部発注のタペストリー、独政府が展示先探す

 [ベルリン 24日 ロイター] ナチス・ドイツの国民啓蒙(けいもう)・宣伝相を務めたヨーゼフ・ゲッベルスが発注したタペストリー(壁掛け)が、長期にわたる裁判の末に、ドイツ連邦政府の所有物だと認められ、同政府が展示する場所を探している。>>続きを読む

 1980年代にギリシャ出身の歌手Costa Cordalisがドレスデンの古物商から購入し、旧西ドイツに持ち込んだタペストリーは、2007年になって警察が押収。裁判が続いた2年間は、警察の保管室に置かれていたという。 

posted by zunboriwin at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128909822
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。